骨粗鬆症を予防して健康的な生活~高齢者に見られる症状~

医者

眠れない日々を解決

看護師

病気をしたら早く解消するのが大事と言われますが、今多く取り上げられている不眠症については発見が遅れる場合がよくあります。 不眠を放置していた結果、うつ病を発症することも起こるとしてそのような状態の人が身近にいたならばそっと声をかけてあげる気遣いが大事です。

View Detail

骨を丈夫に保つには

病棟

骨が弱体化して骨折しやすくなってしまう骨粗鬆症は、年齢や性別などで発症しやすい傾向にありますが、日常的な生活習慣も大きく関係しています。医師が薬を処方したり指示してくれたりするので、それを実行することも必要です。

View Detail

骨折の原因になる病気

先生

骨折の今後の動向予測

骨折する人は高齢者に多く、日本では高齢者人口の増加によって骨折する人は増えている。今後も60才以上の高齢者の人口は増えるため、骨折する人も増えると予測される。高齢者の骨折の原因で最も多いのは骨粗鬆症である。骨粗鬆症の予防をすることは、骨折の予防にもつながる。骨粗鬆症とは骨が構造的にもろくなる病気で、症状が進行すると、少し転倒しただけで骨折するようになる。骨粗鬆症は男性よりも女性に多いので、女性は特に予防措置を講じることが必要である。骨粗鬆症の治療は、内科や整形外科の病院で受けることができる。更年期障害を併発している女性は、産婦人科の病院でも治療してもらえる。今後も骨粗鬆症を治療するために医療機関を受診する人は増加すると予想される。

骨折の注意点

若年者の骨折は回復が早いが、高齢者が骨折すると回復が遅く、寝たきりになってしまう高齢者も多い。高齢者は特に骨折しないように注意することが必要である。骨粗鬆症を予防することは、骨折して寝たきりになるのを防ぐことにつながる。骨粗鬆症は特に目立った自覚症状がないため、定期的に医療機関を受診して、骨の状態の検査を受けることが大切になる。検査の結果、骨粗鬆症と診断された時には、速やかに治療を受けることが必要である。検査の内容は、骨密度の検査やレントゲン検査、尿検査や血液検査などである。これらの検査を受けることによって、自分の骨の状態が判明する。骨粗鬆症の治療は薬物療法が中心になり、運動療法と食事療法が並行して行われる。

高齢者に多い脊柱の疾患

女性

腰部の脊柱管が狭くなった状態を腰部脊柱管狭窄症と言います。若い頃に腰に負担をかけていた高齢者に多く見られます。脊柱管の中を通る神経が圧迫されることで様々な症状を呈します。特徴的な症状は、痛み、痺れ、間欠性跛行です。この先、増加傾向にあるとされている疾患になります。

View Detail

Copyright© 2016 骨粗鬆症を予防して健康的な生活~高齢者に見られる症状~All Rights Reserved.